プラセンタのさまざまな効用とは?

プラセンタのさまざまな効用とは?

プラセンタのさまざまな効用とは?

50年以上も前から、肝臓や更年期障害の治療薬として使われてきたプラセンタですが、最近では美容やアンチエイジングにも効果的だとして、年々人気が出てきました。

プラセンタは「胎盤」のことで、母親から胎児へと酸素や栄養分を与える大切な役目をしています。生命を育む機能を持つプラセンタには、タンパク質をはじめミネラルやアミノ酸、ビタミン、酵素、ペプチドなどのさまざまな栄養分が豊富に含まれています。

医療面ばかりでなく、美白・美肌効果といった美容面でも有効なプラセンタですが、シミ、シワ、吹き出物などの肌の3大トラブルにも威力を発揮します。また、アトピーや乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌などにも高い評価を得てプラセンタ治療を受ける人が急増しています。また、最近よく耳にする「アンチエイジング効果」に関しても、プラセンタは大きな影響力を与えています。

プラセンタの活性酸素除去作用がシミに働きかけるとともに、メラニン色素の生産を正常に抑える働きによりシミができにくい肌質に変化していきます。過剰な活性酸素が除去されることで、シミばかりでなくホルモンのバランスを調整し、雑菌に対する抵抗力を高め、免疫力も高まりますのでニキビの症状を軽くしたり、ニキビそのものができにくくなったりします。

プラセンタは、肌の表皮ばかりでなく真皮層にまでは浸透しますので、細胞の活性化を促し、アトピーの改善や肌のカユミをとることもできるのです。

もちろん、美容ばかりでなく健康面でも、更年期障害にはじまり生理不順や血行不良、免疫力の低下や腰痛、二日酔い、疲労回復などにも効果を発揮するなど、あらゆる面でメリットだらけの奇跡の薬と言えます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional