豚のプラセンタってどんなもの?

豚のプラセンタってどんなもの?

豚のプラセンタってどんなもの?

プラセンタは美容や健康にもメリットがいっぱいあって魅力を感じるものの、豚のプラセンタってどんなもの?と疑問になる人も少なくありません。プラセンタには、人間の胎盤から抽出した「ヒトプラセンタ」と、豚の胎盤から抽出した「豚プラセンタ」、牛の胎盤から抽出した「牛プラセンタ」があります。

牛プラセンタは、狂牛病の影響で使用が中止されましたが、わたしたちが普段利用している健康食品や化粧品に使われているプラセンタは、この豚プラセンタが主になります。

プラセンタが今ほど注目される前には「ヒトプラセンタ」が多く使われていましたが、今では原材料となる人間の胎盤が生産量に追いつかない状況で不足しています。そのために、海外から輸入していた時期もありましたが、海外での生産や輸入が規制されるなどして、人間のプラセンタは現在、医薬品の使用のみ認められています。

豚プラセンタで最近注目を浴びているのが、「SPF豚」を使った化粧品やサプリメントです。SPF豚とは、有害な菌が発生しないようにきちんと管理された環境で育った豚のことです。通常、豚の胎盤を使うのには雑菌処理などをしますので、有効成分も半減してしまいますが、SPF豚から採取した胎盤は、雑菌処理が少なくて済みます。

普通の豚は、1カ所で大量飼育されていますのでいろいろな感染病にかかっていることが多く、病気予防のために大量のワクチンや抗生物質などが投与されています。

しかし、SPF豚は日本SPF豚協会が認定し、徹底的に管理された環境下で飼育されていますので無農薬豚とも呼ばれています。清潔な場所で抗生物質などを一切使わずに育てられ、厳しいチェックをパスした豚だけが「SPF豚」の称号を与えられるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional