馬のプラセンタってどんなもの?

馬のプラセンタってどんなもの?

馬のプラセンタってどんなもの?

プラセンタには、人間の胎盤を使ったものや馬、牛、豚などがあります。しかし、牛は狂牛病の問題があり今では使用を中止されていますし、人間に関しては医療用医薬品のみの使用が限定されています。現在、化粧品やサプリメントに使われているプラセンタは、豚の胎盤や植物性のものが多いのですが、最近になって馬のプラセンタが注目され人気になっています。

馬のプラセンタにはアミノ酸の含有量は、一般のプラセンタに比べ平均出254倍も多く、しかも、豚プラセンタには含まれていない6種の必須アミノ酸が入っていることが、最近の研究で明らかになってきました。動物性のプラセンタの中でも豚などと比べても、馬のプラセンタの効果が非常に優れていることで注目を浴びています。

馬プラセンタは、約60兆個の人間の細胞に働きかけて細胞を活発にしますので、スタミナアップにもつながり、疲労回復、基礎体力のアップにも役立ちます。体の中から健康になれば、おのずとお肌の調子もよくなり、シミやしわ、くすみなどにも効果が表れます。

プラセンタとは、十月十日をかけて生まれてくる胎児の成長に必要不可欠な栄養素と生理機能物質を蓄えている胎盤のことです。女性の子宮にへばりつくような形で妊娠とともに胎盤は機能を始め、へその緒を通して酸素や栄養素が胎盤へ送り込まれ、胎児へ供給する大切な役目があります。

太古の昔から、若返りの飛躍としてもクレオパトラや楊貴妃なども愛用したといわれるプラセンタです。豚プラセンタよりも数倍効果があると言われる馬プラセンタ。一度はその効果の違いを自分の肌で実感するのもいいかも知れません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional